三重県の北部の神社、別名:北伊勢大神宮

七五三詣

七五三詣の由来について

「七つまでは神の内」という言葉がございます。
子供達は、七歳までは「神からの預かりもの」と昔は考えられていました。
三歳の男子・女子がそれまでは剃っていた髪を伸ばし始める「髪置」(かみおき)
五歳の男子が初めて袴をはく「袴着」(はかまぎ)
七歳の女子が初めて帯をしめる「帯解」(おびとき)
というお祝いが七五三詣の起源で、その節目毎に神社にお参りし、健やかな成長を祈願する大切な人生儀礼の一つです。

御祈願の受付時間

朝9時より夕刻4時半まで随時承っております。       

 

予約の必要はございません。上記の間にて、ご都合の良い時間にご来社ください。

新型コロナ感染症予防対策について

 

 

 

 

 

 

 

御祈願料について

5000円以上
7000円以上のお納めより御神楽(巫女の舞)の奉納が行われます。

記念撮影スポット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年度の七五三詣のチラシも掲載致しております。

 

PAGETOP
Copyright © 多度大社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.