3月 18

平成29年 馬に関する講習会(実技)

花馬地区、猪飼区の練習場にて実技の講習会が行われました。

講師先生は、先日講義にお越し頂きました先生です。

祭事関係者多数参加の上、講義が始まりました。

馬の耳が正面を向き立っています。大勢の人間をみて緊張しているとの事。

先ずは、馬の不安をひとつずつ取り除く事からはじめ、信頼関係を築くことから

初めてほしいと先生より。

実技とは申しますが、上げ馬では和鞍を使用いたしますので、つけ方と取り扱いの仕方

から始まります。

馬に不安を与えず安全な鞍の載せ方、着け方、ベルトの締め具合。鐙の長さ、バランスに至るまで

先生より細かく指導が入ります。

騎手経験者です。かなり久しぶり乗馬らしいのですが、馬もリラックスしていると先生より。

馬との良い関係が築かれるように新たな練習方法なども取り入れ、より良い上げ馬神事を

奉納して頂きたいと先生よりお言葉を頂き、実技講習は終了致しました。

 

 

Video

平成29年 馬に関する講習会

本年の花馬地区である、猪飼区集会所にて開催されました。馬を熟知した講師先生を招き、祭事関係者に、馬の体調管理の方法や接し方等について判りやすく丁寧に約1時間半に渡り講演をして頂きました。馬の性質、仕草をよく観察をして馬の気持ちを察する事により、馬と良い関係が結ばれるとの事でした。受講された方々が本日の講義を実践され馬との良い関係が築かれる事を祈るばかりです。

 

3月 05

平成29年 第2回御厨会議

第二回御厨会議が、3月4日午後2時より開催されました。

今日は、第1回の会議に引き続き反省事項について確認、祭事の流れについて、今後の行事予定等についての話し合いがなされました。祭当日、万全な体制で挑むため5時すぎまで活発な意見の交換が交わされました。

2月 05

平成29年 第1回御厨会議

2月4日に平成29年第1回御厨会議が開催されました。

今年、七御厨地区から選ばれた区長様、副区長様により

・昨年度の反省

・今後の方針

等について話し合いが行われ、活発な議論が交わされました。

今後この様な会議を積み重ね、事故の無い、良い祭になるよう関係者の努力が続きます。

 

5月 08

お疲れさまでした。 (肱江区)

一夜あけ気持を切り替えお掃除です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

集会所は元の姿にもどり、馬小屋は姿が見えません。お馬さんは朝早く馬主さんに帰っていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

須賀の馬場と船着社も片付きました。

多度大社への礼参りからもどった泰雅君を含め、祭りの疲れを癒します。

しっかりと挨拶をした泰雅君、少し寂しいそうでした。

お疲れ様です 泰雅君  有難う 泰雅君

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れ様でした

 

 

5月 08

神児行列 お旅所へ (肱江区)

上げ馬が終わると帰る人々が多くいますが、肱江の神児さん達は、肱江の船着社とお旅所での流鏑馬に向かいます。

( 楠まわり ) が終わると、神児さん達は大社の三基の神輿と共に出発します。IMG_0001OLYMPUS DIGITAL CAMERA

神輿の渡御といいます。

IMG_0019

神児さんを先頭に

IMG_0032 IMG_0010

お宝持ちの子どもたち。続いて神輿が三基が進みます。

IMG_0022IMG_0023

その後ろを多度大社の宮司ほか神職・桑名市長・御厨総代が馬にまたがり

IMG_0024IMG_0025

上げ馬を務めた騎手と弓取りが花馬を先頭に続きます。

行列が船着社に近づくと、騎手は馬を駆けて神輿を追い抜きします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<神輿の追い抜き>といいます。

IMG_0040

騎手たちは、船着社で神輿を待ち、花笠を脱いで礼をします。<花笠の礼>といいます。

IMG_0046

舟船社では神輿の祭典が厳かに行われます。この祭典に肱江の青年団の<チマキ>が添えられます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

騎手たちは須賀の馬場に戻り流鏑馬をおこないます。小山の騎手が最初に行い他の騎手も矢を放ち

馬を南に走らせます。馬を走らせ戻ってきてお旅所での行事はおわりです。

騎手たちは、多度大社へ礼参りにむかいますが、肱江の神児さんたちは、このまま肱江に帰ります。

肱江の集会所では鯉汁が行列の帰りを待っていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

5月 08

七度半のお迎え (肱江区)

お昼の休憩を終えた神児さん達は、神楽殿前に集合して上げ馬が行われる馬場に進みました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

<七度半のお迎え>とは、上げ馬をご覧になる、多度の大神の依代となる神児を、多度大社が七度半お迎えする

最高礼の迎えの儀式です。

神児さん達は、馬場内を少しずつ進みお迎えを待ちます。これを七度半繰り返し行います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬場内で迎えを待つ神児さん達を、金弊を持った多度大社の使いが、上げ馬を奉仕する六御厨の警護と共に

迎えにきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

肱江の警護と一緒になって(いっか~い、にか~い)と囃し立て、お使い達は上げ坂に戻って行きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

これを少しずつ進みながら七度半くりかえします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

泰雅君の元気パワーが

 

 

 

神児さん少しお疲れのようです。早朝の朝祭りからですから無理もありません。

クスノキの傍で七度目のお迎えがやってきます。この時お使いは上げ坂にもどりません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

神児さんは馬からおり、大社の宮司共に御殿から上げ馬をご覧になります。

赤傘が大きく左右に振られ、上げ坂の準備ができたことを知らせると同時に、花馬が上げ坂に向かって走り出します。

多度祭りの醍醐味です。  今年の花馬・北猪飼が走ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見事な成功です。おめでとうございます。

 

 

 

 

 

5月 06

騎手報賽祭

平成28年騎手報賽祭(お礼参り)が午後2時より儀式殿にて執り行われました。

騎手さんも青年会さんも大変お疲れかと思いましたが、表情はハツラツとしていて安心致しました。

多度の大神様に神事の無事を感謝し、騎手が一人ずつ神前に玉串を捧げ誠をご報告いたしました。

4月1日の神占式より精進潔斎に勤め、早朝より練習も一生懸命して頂き本当にお疲れ様でした。

今後、人生の苦楽をこの経験を糧にして頂きたいと思います。

s-P1020001s-P1020002

 

5月 06

神児さん大社への旅 (肱江区)

北猪飼を旅立った神児さん達は

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

猪飼三郷の騎手・弓取りの馬たちと共に、多度大社に向かいます。

見応えのある光景です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

大門橋の付近で一行は立ち止まり、猪飼三郷は上げ馬に使う<ホンマ>に乗り換えます。

神児さんの様子を見ると

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだまだ元気君です。もう少しで一休みできますよ。

暫くして、肱江の神児さん達は、上げ馬の行われる馬場に入っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

神児さん達が、クスノキに近づくと、神児を馬から下し赤傘を左右に振って合図をします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

この合図で、猪飼三郷の騎手が上げ坂に向かって<ノリコミ>を行います。

神児さんはこの間

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

神職のお祓いを受け、神楽殿の中で<神職と神児の盃の儀>を交わします。

この後1時から始まる<七度半のお迎え>まで一休みです。

 

 

 

 

 

 

5月 06

神児さん北猪飼へ (肱江区)

神児さん達が朝祭りを終えて肱江の集会所に戻ってくると、祭りの準備が活気づきます。

神児行列に参加する人達は、祭り衣装に着替え顔にくま取りをします。これをしないと張り合いがないようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

神児さん朝が早かったので、さぞや辛いとおもいきや

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

         ( 元気いっぱいのようです )

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自治会長さんと水盃をおこなって、出発の時間になりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

行列の内容は

先頭を祓いながら進む警護、神の力で行列を守る御幣、神児さんの前後を守る毛槍と薙刀、神児さんの衣装を運ぶ

先箱、神児さんのシンボル”赤傘”と雨用の黒傘になります。

そして、神児さんの”親衛隊”青年団です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 北猪飼へ向かい

 出発です。

 

 

 

行列の道中に小山の集会所に向けて警護役は、手にする笹を高く掲げ合図を送ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

この合図で、神児行列が出発したことを、戸津地区、多度地区にしらせます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

神児行列は一路、猪飼三郷の花馬地区 ” 北猪飼 ” に向かっていますが、その行列を写真に撮ろうと、例年になく

多くのカメラマンが集まっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

青い空と神児さん

 

 

 

五月晴れの下、神児さんの白い衣装と赤い傘が目にも鮮やかです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

行列が北猪飼に入ると、集会所の近くまで、北猪飼の警護が迎えにきています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

北猪飼での<チゴムカイ>の儀式がおこなわれますが、神児さん少し緊張しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

<騎手と神児の盃の儀>が厳かに進められ、肱江の人々にも振る舞われます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

北猪飼と肱江の人々の ” 直会い” のあいだ、北猪飼の青年団が神児馬を見守ってくれています。

さあ時間のようです。神児さん達は、多度大社に向かって出発です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古い記事へ «