Category: 神児

5月5日 神児行列、さあ出発です。

  神児さん達が、朝祭りを終え集会所に戻ってくる頃には、神児馬準備はほとんど出来ており神児行列に参加する人達も準備をし村の人々も集まって祭りの活気がでてきます。その間、神児さんは、朝食をとり衣装、化粧を整えます …

続きを読む

5月5日 神児、《朝祭りの祭典》へ

  神児は、4日の夜は、青年会と共に会所の精進部屋に宿泊し、翌朝4時半頃多度大社に向かいます。このように朝が早いのは、5日の朝6時から多度大社での《朝祭りの祭典》に参列するためです。朝祭りには、神児、のりこ、ゆ …

続きを読む

出発

朝祭

20180505 01 y.hirukawa

5月4日 神児(ちご)もらいの儀式

  笹ごおりの儀が終ると、肱江の会所には明日5日神児行列に参加する者のお祓いを多度大社からの神職から受け、その後、神児もらいの儀式に移ります。猪飼三郷(力尾、猪飼、北猪飼)では、3年に一度神児もらいの役がまわっ …

続きを読む

5月4日 肱江地区では笹ごおりの儀

須賀の馬場の行事を終えた、小山、力尾、猪飼、北猪飼の4地区は、肱江を通り各地区に帰ります。肱江の入り口(十字の日の丸旗)を通過するとき肱江の青年会がバケツに用意した塩水を青笹で4地区の祭馬、ノリコ、青年会にふりかけて清め …

続きを読む

5月4日 神児(ちご)もらいの儀式までに

5月4日、肱江の村祭りは、夕方から行われます。多度大社では、午後2時頃から上げ馬神事が行われますが、肱江地区は、上げ馬を行いませんが、午後3時頃から肱江集会所では、青年会はチマキ造り、これは5月5日船着社での”神興の祭典 …

続きを読む

5月4日 須賀(すか)の馬場の行事

多度大社での上げ馬神事を終えると、午後4時半頃須賀の馬場へ(肱江船着社横)行き、上げ馬を行った6地区が、花馬(今年は力尾)先頭に一頭ずつ南に向かって乗り込み、すぐに北へあたま返しで返す。この乗り込みが終るとノリコ(騎手) …

続きを読む

5月3日 肱江地区 村祭りの準備

集会所(肱江区民館)では、馬小屋を造ります。 旧道から村への入り口にしめ縄を張り、二本の日の丸旗を十文字に交差して立てる。会所の中の八畳の畳敷きの間にしめ縄を張り精進部屋をつくる。船着社の入り口、須賀の馬場の入り口などに …

続きを読む

5月3日 須賀の馬場の準備

上げ馬を終えた6地区の馬の乗り込みや流鏑馬を見る人の安全確保の柵造りです。 昨年より耐久性のある白いネットを使用しています、それまでは、藁の菰でした。