Author's posts

5月4日 須賀(すか)の馬場の行事

多度大社での上げ馬神事を終えると、午後4時半頃須賀の馬場へ(肱江船着社横)行き、上げ馬を行った6地区が、花馬(今年は力尾)先頭に一頭ずつ南に向かって乗り込み、すぐに北へあたま返しで返す。この乗り込みが終るとノリコ(騎手) …

続きを読む

5月3日 神児の宮の祭典

肱江でのみせ馬が終り、午後3時から神児さん達は力尾地区にある”神児の宮”にむかいます。”神児の宮”では、肱江の神児さん・神児親・青年会と肱江・力尾・猪飼・北猪飼の各正副自治会長が出席し、多度大社の神主さんによる祭典が執り …

続きを読む

5月3日 神児は紋付、赤傘でみせ馬

3日の朝、馬方宅(服部忠則さん)に神児馬が到着し、馬名は、トライジング・ポコです、よろしくネ。午後からのみせ馬までの時間馬方宅で青年会と肱神児クラブ(馬方メンバー)はスタンバイしています。 お昼になると集会所では、ご苦労 …

続きを読む

5月3日 肱江地区 村祭りの準備

集会所(肱江区民館)では、馬小屋を造ります。 旧道から村への入り口にしめ縄を張り、二本の日の丸旗を十文字に交差して立てる。会所の中の八畳の畳敷きの間にしめ縄を張り精進部屋をつくる。船着社の入り口、須賀の馬場の入り口などに …

続きを読む

5月3日 須賀の馬場の準備

上げ馬を終えた6地区の馬の乗り込みや流鏑馬を見る人の安全確保の柵造りです。 昨年より耐久性のある白いネットを使用しています、それまでは、藁の菰でした。          

5月3日 多度祭りのための準備です。

5月3日、肱江では午前中、朝7時半頃1軒に1人ずつ男性が集まって、須賀の馬場の垣(柵)と船着社の神興台をつくります。また船着社の幟も起こします。これらは、5月4日多度大社での上げ馬神事が終ると、この須賀の馬場にいき、乗り …

続きを読む

4月29日 今日は、肱江地区のミセウマです。

ミセウマ(ミチミセともいう)は、毎年4月29日に肱江地区で行われています。肱江地区の青年(馬方)は、この日の朝、馬主から馬を借りてきます。この馬は、神児(ちご)が乗る馬で”神児馬”と呼ばれ5月5日に神児をこの馬に乗せて神 …

続きを読む

4月22日 伝承、匠の技の ”御幣造り”

  この日午前9時より、肱江区民会館で”御幣造り”が行われました。御幣とは、5月5日の神児行列の先頭で御幣で祓いながら進みます。その後、多度祭りが終わると、この御幣を多度大社に奉納する大切な祭具であります。   …

続きを読む

平成30年4月1日 肱江区祭り寄合い今年の・・・

肱江区民会館にて、午後6時から開催され、神児(ちご)の紹介と多度祭り奉仕者の役割を決め、祭りに関する話し合いが行われました。 今年の神児を務めますのは、同日に多度大社で行われました御籤(みくじ)おろし[神児、騎手神占式] …

続きを読む