Category: 神児

村まつり(肱江区)

3日の午前中に多度祭りの準備を終えた肱江の人々は、午後から肱江の集会所に集まってきて、 皆で食事をします・・・クイゴミ・・・といいます。さあ、村祭りが始まります。 (クイゴミ) タケノコご飯が用意され、きゅうりや蒲鉾など …

続きを読む

3日肱江では(肱江区)

5月3日肱江の人々は多度祭りの準備をします。 神輿の御旅所を設け、幟をたてます。 祭り宿の集会所も準備が整いました。神児馬の馬小屋(1頭なので小柄です)も祭馬を待つばかりです。 この馬小屋は祭事用で、祭馬は隣の大きな小屋 …

続きを読む

2日大社にて(肱江区)

5月2日、多度大社では祭りの準備が着々と進められていました。 多度地区の方々によって、上げ馬神事の馬場整備、上げ坂つくり が行われていました。 馬場では桟敷が設けられ 、上げ坂は盛り土がなされ大きな御幣 ”ボンテン” が …

続きを読む

お馬さんに乗って(肱江区)

4月29日、肱江にお馬さんが来たその日の午後2時頃から、肱江の人々に今年の神児馬を 披露する(ミセウマ)が行われました。    馬に鞍を付け、神児に選ばれた水野文椰君が最初に馬上の人となります。  (ものすごく緊張してい …

続きを読む

肱江のお馬さん(肱江区)

毎年4月29日、肱江にお馬さんがやってきます。多度祭りで神児さんが乗る祭馬です。 肱江は神児を出す地区で上げ馬を行わないため、お馬さんが肱江にやってくるのは他の 御厨に比べて遅いです。  お馬さんの名前を聞くの忘れました …

続きを読む

御幣つくり(肱江区)

4月25日、肱江集会所にて有志により・・神への捧げもの・・御幣がつくられました。 古代神への捧げものは、布(とりわけ白い布)がその主なものでした。それは白い布が古代において非常に貴重 な物だったためですが。その布から紙に …

続きを読む

一人黙々と(肱江区)

先日、肱江の集会所に寄ったら、青年団が”ブチ”を作っている最中でした。・・・ 一人で ・・・。 肱江の青年団は今年三人(去年は四人)です。肱江は上げ馬を行わないので、乗馬の練習をしない分 少しは楽なのですが・・・・・。  …

続きを読む

神児さんと朱傘(肱江区)

私がこの投稿をする前に思ったのは、これをご覧になる方々に少しでも多度祭りの事を知ってもらい、多度祭りを観に来て いただきたいという想いからです。昨年の投稿者は神児と神児行列をはじめ、大変詳しく多度祭りのことを話しています …

続きを読む

肱江の役割(肱江区)

四月七日、多度祭りに奉仕する肱江の人々の役割が決まりました。 行列の役と祭り準備の仕事割です。 肱江区は上げ馬は行わず、神児行列をおこないます。 ものすごく簡単に説明しますと、 五月五日肱江の人々は、行列を組んで神児(チ …

続きを読む

お掃除ありがとう(肱江区)

今日老人クラブの皆さんが、肱江地区内の清掃活動を行っていました。 この活動は多度祭りとは関係しない、地域への奉仕活動の一環なのですが、 五月五日上げ馬神事のあと行われる、流鏑馬(ヤブサメ)神事の馬場・神社も清掃されます。 …

続きを読む