三重県の北部の神社、別名:北伊勢大神宮

節分祭・追儺祭

  • HOME »
  • 節分祭・追儺祭

節分とは本来、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを指し「季節を分ける」ことを意味しています。
江戸時代以降では、特に立春(2月3日)の前日のことを指し、現在ではこれを一般的に「節分」と呼びます。
節分の行事は宮中の年中行事であったようですが、近代には節分当日の夕暮れ時に、柊の枝に鰯の頭を刺したもの(柊鰯)を戸口に立てたり豆撒きをしたりするようになりました。
これは季節の変わり目には邪気が生じるという考えに由来し、特にその邪気の象徴としての鬼を追い払う、という行事になったと言われます。

多度大社 節分大厄除祭

節分大厄除祭は、2月2日の節分祭と併せて行なう当神社最大の厄除祈願祭です。
祭典では神職が多数奉仕のうえ、巫女の御神楽また舞楽が奉奏され、皆様のお一人お一人のお名前をご神前に奉告し、厄除の祈願(お祓い)をいたします。
お申込み頂ければ、厄年の方でなくてもどなたでもご参加頂けます。
                        (下記参照)

期   日   
             令和3年2月2日(火)

祈 願 料 
      20,000円

内     容   
    特別大神楽・豆撒き(午前のみ)・直会弁当・記念品・御神札など 

豆撒き時間   
           午前11時

定   員   
           80名

ゲ  ス   ト  
           恐縮ですが、本年は、新型コロナ感染症対策として、ゲストの豆撒き、ゲストによるショーを中止とさせていただきます。
     予めご了承の程よろしくお願い申し上げます。

締   切    令和3年1月25日(定員になり次第締め切りとさせていただきます。)
お申込方法    当社までお問い合わせ願います。 0120-37-5381 又は0594-48-2037

     尚、豆撒きは、午前11時と午後2時の、2回執り行います。

追儺祭 特別豆撒き


当神社では、追儺祭にあわせ特別豆撒きを行なっております。

特別豆撒きは、毎年1月の最終日曜日に行っており、節分の日が平日で参拝できない方に、特別に豆を撒いて一足早い節分祭を執り行います。

  • 日   時  令和3年1月31日(日)午前11時  午後2時P1010454

 

PAGETOP
Copyright © 多度大社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.