4月22日 伝承、匠の技の ”御幣造り”

 

この日午前9時より、肱江区民会館で”御幣造り”が行われました。御幣とは、5月5日の神児行列の先頭で御幣で祓いながら進みます。その後、多度祭りが終わると、この御幣を多度大社に奉納する大切な祭具であります。

 

御幣造りは、2本の青竹(4㎝径、長さ2m30㎝)を美しくさせ(バーナーで炙る)針金で2本を固定します。次に白い専用用紙を型版のラインに合わせ12枚の用紙をいっきに切り込みます。

その切り込みを入れた紙(紙垂)を竹に差し込み、さらしの垂れと麻ひもをつけます。

そして最後につけるのが、竹の上部に金紙を巻き付けて水引を飾りつけし形を整えます。

最後に重なっている紙垂を全て1枚1枚前側と後ろ側にめくりあげ ” 御幣 ” 完成です。

 

今年も、立派な御幣が出来上がりました。今後も、御幣造りの匠の技を引き継がれます。

糸口

先週のアクシデントから1週間

乗り上げ前の最終練習の模様です。

何かきっかけをつかんだようで…

騎手本人の顔つきも変わってきました!

20180420 y.hirukawa

動揺

新しい練習馬に変わりました!

以前の練習馬とは個性もスピードも違います。

騎乗姿勢に迷いを抱えたまま練習を行った所…

落馬でこの日の練習は切り上げることに

騎乗も指導者もどうして良いのか?

わからない為に私にアイデアを求めてきました。

1つのアイデアとしてお話しました。

残り僅かな練習期間ですが、

人馬ともに無事に乗り越えて欲しいものです。

追伸

落馬による怪我はなく翌日より練習を再開しました!

20180415 y.hirukawa

混迷

前年度の騎手が、本番同様に地面に足をつける事が無いように担いで移動してくれています。

前年度の騎手は『後ろ身』と言われ、祭事中も騎手にずっと付き添い絶えずバックアップしてくれます。

2人とも、疲労困憊のご様子…

朝6時練習馬の手入れを終えてから

皆登校や出勤です。

みんな体調崩さず頑張れー!

20180414 y.hirukawa

平成30年4月1日 肱江区祭り寄合い今年の・・・

肱江区民会館にて、午後6時から開催され、神児(ちご)の紹介と多度祭り奉仕者の役割を決め、祭りに関する話し合いが行われました。

今年の神児を務めますのは、同日に多度大社で行われました御籤(みくじ)おろし[神児、騎手神占式]で選ばれた関山 翔大(せきやま しょうた) くん小学3年生です。ヨロシクね。

今年も、祭りをより良い形で行える様、改善する内容の意見もだされ、いよいよ多度祭り(肱江区)の始まりです。

【出席37名 委任状5名 欠席17】

艱難

練習日程も残り半分となりました。

金曜早朝5時半、いつも通りの早足の練習です。

体力的にも精神的にも1番辛い時期となります。

騎乗方法も試行錯誤…

20180413 y.hirukawa

寸進

練習場所が実際の祭事でも使用される馬場へと移動されました。

隣の猪飼地区も同じ馬場で練習していました。

練習内容も練習環境も実際祭事に少しずつ進んでいきます。

早朝5時…明かりはあるのですが撮影には照度が足りません。

20180413 y.hirukawa

平成30年度 馬場点検・御厨会議・上げ馬神事事故防止対策協議会

平成30年 4月12日
午前10時より区長・副区長・神社役員・神職にて馬場(須賀・上げ坂)点検が行われました。
馬場点検では昨年ご指摘を頂戴した箇所の確認など様々な安全確認が行われます。
その後、御厨会議にて馬場点検を含めその他案件について協議がなされます。

午後からは、より良い「多度祭」を行う為に、祭り進行における各方面の要職の方々ご出席のもと「上げ馬神事事故対策防止協議会」が開催され、様々な意見交換がなされました。

臚列

4月8日日曜夜に力尾区の祭礼時の役割分担が行われました。

祭礼参加者は減少を辿り、役割負担は増加傾向…

祭礼自体の在り方を含めた検討をすべきではないか?と考えさせられる時間となりました。

20180408 y.hirukawa

休日

土曜日の練習風景を撮影しようかと思ったら…

駆けつけた時には、ちょうど練習が終わり…

練習馬は、束の間の休息!

練習馬を綺麗に手入れです。

いつも高校生のメンバーが馬の取り扱い練習も

兼ねて手入れをしてくれています!

20180407 y.hirukawa

error: Content is protected !!