懐旧

騎手・弓取・世話人が祭事終了まで

今までの環境から離れ、精進潔斎を行います。

ここは旧来集会所として使用されていました。

ここに来ると青年会時代の記憶が蘇ります。

20180501 y.hirukawa

変貌

少しずつ祭事向けて、環境が変わってきました!

上げ坂作りお疲れ様です!

20180501 y.hirukawa

4月29日 今日は、肱江地区のミセウマです。

ミセウマ(ミチミセともいう)は、毎年4月29日に肱江地区で行われています。肱江地区の青年(馬方)は、この日の朝、馬主から馬を借りてきます。この馬は、神児(ちご)が乗る馬で”神児馬”と呼ばれ5月5日に神児をこの馬に乗せて神児行列を進みます。肱江地区青年会は、馬方より馬の引き継ぎを受け託されます。午後2時から、今年の神児が普段着で馬に乗り、肱江地区の中心通りを往復します、これが”ミセウマ”と呼んでいます。肱江地区の人々に今年の神児と神児馬を披露します。神児が乗り終わると、他の子供たちは、順番に馬に乗せてもらい子供たちに馬に乗る気を起こさせる目的も兼ねています。ミセウマが終ると馬は一旦、馬主に返されます。このミセウマでこの馬が神児行列に適していないと判断された場合は、5月3日のミセウマまでに変更することもあります

今年の神児馬と馬方です。神児馬のプロフィール:北海道生れ、セン馬10歳、月毛(あし毛のやや赤ばんだ毛色)愛知県三河からやってきました。とてもおとなしいお馬さんでした。馬方を務めていただける2名は、服部忠則さん(肱神児クラブの袢纏)と佐藤真二(副)です。

午前11時から馬方から馬を青年会が引き継ぎを受ける儀式が行われ、青年会が「馬を預かります。ケガのないように大切に扱います」と挨拶をした後、馬に清酒と盛り塩で清められました。

青年会は、馬が気分良く、肱江区に少しでも慣れてもら得る様エサをあげたり、散歩をさせています。人と馬との信頼関係を良くし午後から行われる”ミセウマ”に備えます。

青年会は、馬に馬具をつけて実際に青年会が馬に乗って歩かせ安全確認をおこないます。時計は午後2時を回り、さあ、いよいよ”ミセウマ”がはじまります。

まず最初に、今年の神児さん翔大くんが馬にのりました。肱江の中央メインストリート(100m弱)をゆっくり歩いて往復します。馬に乗った気分は、とても気持ちよさそうです。

ミセウマは、こどもたちに大人気です。こどもたちは、みんなきちんと列をつくり順番にならんでいます。みんな馬にのせてもらうと本当に”気分は最高って”感じかな☆お菓子とジュースももらえちゃって、みんな馬にのることが好きになってもらえればよいです。

ミセウマの最後に乗るのは神児の翔大くんです。ミセウマ最終試験、赤傘も大丈夫です。合格のようです。青年会は、うまを馬方に戻し馬具等をかたずけミセウマはおわりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徐々

4月25日より、力尾区の騎手弓取は

今まで家庭環境から離れて、朝晩の水垢を行い

5月4日まで精進潔斎を厳粛に取り進めます。

20180425 y.hirukawa

平成30年度 作法説明会

4月28日 午後7時より作法説明会が行われました。

先ずは神賑行事の確認。

神賑行事(しんしんぎょうじ)とは、多度祭各種行事の式次第であり説明文でもあります。

各御厨さんの集会所、神社に掲示してあります。

この神賑行事を基本として多度祭が斎行されますが、時代を経て種々変遷を経ており、御厨総代、神社役員、騎手、青年会、神職が一同に再確認をしました。

また、斎戒の規定と作法の説明も行われ、細部に至るまで確認がされました。

騎手の方々はこの説明の後、実際に作法をして頂き、本番に備えて練習を致しました。

以下はその時の風景になります。

馬繋場の点検

4月28日、昭和祭の前日。

例年この日には作法説明会が行われます。(作法説明会については次の記事で)

本年は説明会の前に馬の待機場所である馬繋場の点検が行われ、七御厨総代・神社役員・神職で確認を致しました。

新たに設置されたのはミストシャワー。


ここ数年、5月の初旬としては暑い日が多い多度祭。

特に昨年は暑く、夏服の拝観者の方が大変多く見受けられました。馬繋場は日差し除けがあるといえ馬にとっては暑い日となることが予想されます。馬の体調を万全に期するために獣医様の指導を仰ぎ本年より設置いたしました。

これで暑さが和らいでくれることを期待しています。

要心

乗り上げ2日目です。

油断は大敵です。馬にも色々な個性があります。

経験の積み重ねです

http://tadotaisya.or.jp/whatsnew/wp-content/uploads/2018/04/img_5785.trim_.mov

20180422 y.hirukawa

奏功

1つ目の乗り上げが無事終了しました。

しかし本番はもっと勢いよく駆け出す馬

が多いので引き続き指導を受けながら練習です。

http://tadotaisya.or.jp/whatsnew/wp-content/uploads/2018/04/img_5718.trim-2.mov

20180421 y.hirukawa

節目

実際の祭馬に騎乗し練習の成果を馬を借りる

馬主の人や地域の人に見てもらう日となります。

本来は祭馬3頭を用意してその日のうちに

お披露目ですが…

本年は1頭は土曜に、ほか2頭は日曜に

別の場所で見てもらう事となりました。

行事ということで、騎手・青年会は全員半纏を

着用しております

着実

少しずつ上達です!

基本が出来つつあるので、後は応用です。

経験値を増やし、様々な事に対応する必要があります

http://tadotaisya.or.jp/whatsnew/wp-content/uploads/2018/04/img_5689-1.mov

20180420 y.hirukawa

error: Content is protected !!