5月4日 神児(ちご)もらいの儀式までに

5月4日、肱江の村祭りは、夕方から行われます。多度大社では、午後2時頃から上げ馬神事が行われますが、肱江地区は、上げ馬を行いませんが、午後3時頃から肱江集会所では、青年会はチマキ造り、これは5月5日船着社での”神興の祭典”に供えられます。また、炊事班は夕方から行われます”神児もらいの儀式”の準備を行います。

肱江の青年たちが一生懸命造った≪手造りチマキ》

多度祭り ザ・肱江地区男の料理

 

5月4日 須賀(すか)の馬場の行事

多度大社での上げ馬神事を終えると、午後4時半頃須賀の馬場へ(肱江船着社横)行き、上げ馬を行った6地区が、花馬(今年は力尾)先頭に一頭ずつ南に向かって乗り込み、すぐに北へあたま返しで返す。この乗り込みが終るとノリコ(騎手)は昼食をとります。その後北から南へ花馬順走り、最後に南から北に尻返しで馬を返して終る一見同じように馬場を走っているが、初めは乗り込みで次は馬乗りです。小山、力尾、猪飼、北猪飼は、肱江に向かい、戸津、多度は会所へとそれぞれ解散する。

須賀の馬場を目指して、上げ馬を終えた地区が見えてきました。

乗り込みが始まりました。北からみなみにむかって!

南から北へ頭返しで乗り込みが終ります。

昼食タイムで一息とります。

馬乗りの始まりです。北から南にむかいます。

明日もよろしくおねがいしますの挨拶を受け、4日、須賀の馬場の行事は終わりです。

 

 

 

 

 

 

帰路

二回

2回目 成功を目指しましたが…

残念ながら失敗…

上坂

1回目 見事成功しました!

ご声援ありがとうございました。

2回目も頑張りましょうー!

20180504 03y.hirukawa

馬乗

乗込

神社に到着後、乗り込み行事を

行った後お祓いを受けます

20180504 02 y.hirukawa

出発

20180504 01 y.hirukawa

5月3日 神児の宮の祭典

肱江でのみせ馬が終り、午後3時から神児さん達は力尾地区にある”神児の宮”にむかいます。”神児の宮”では、肱江の神児さん・神児親・青年会と肱江・力尾・猪飼・北猪飼の各正副自治会長が出席し、多度大社の神主さんによる祭典が執り行なわれます。

 

翔大くん、今日は、たいへんごくろうさまでした。

 

 

5月3日 神児は紋付、赤傘でみせ馬

3日の朝、馬方宅(服部忠則さん)に神児馬が到着し、馬名は、トライジング・ポコです、よろしくネ。午後からのみせ馬までの時間馬方宅で青年会と肱神児クラブ(馬方メンバー)はスタンバイしています。

お昼になると集会所では、ご苦労を兼ねて炊事班が用意してくれた料理でみせ馬が始まる前の宴会がはじまりクイゴミと呼ばれます。

 

青年会が会所に馬をひき込んでくると、神児は紋付きを着て、馬の準備ができるのを待ちます。

さあ、神児馬みせ馬の準備ができ、馬方と神児親が馬に乗り安全確認OKです。

午後1時半頃みせ馬開始の太鼓の合図が肱江区内に放送され始まりました。

神児さん前回と同じ馬ですので慣れた感じですね。

今日のみせ馬も、たくさんのこどもさんたちと多くのギャラリーが集まってくれました。

神児さん、最後に会所まで乗ったらみせ馬は終わりですが、神児さんは、この後もうひとつ”神児の宮の祭典の行事があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

error: Content is protected !!