5月5日 神児、《朝祭りの祭典》へ

 

神児は、4日の夜は、青年会と共に会所の精進部屋に宿泊し、翌朝4時半頃多度大社に向かいます。このように朝が早いのは、5日の朝6時から多度大社での《朝祭りの祭典》に参列するためです。朝祭りには、神児、のりこ、ゆみとりはじめ御廚総代が参列し、神社の神楽殿前から本宮・別宮まで行列し、祭典に参列します、祭典が終ると再び列を組んで神楽殿前に戻る。これを”朝祭り”といっています。

朝早い為少しねむい中、化粧をしてもらってます。顔を、真っ白に化粧し、額と頬には紅をつけるので顔動かしたり、触れないのでじっと我慢しています。5日の衣装は、頭には、烏帽子をかぶり赤い布を垂らし、黒の紋付の上に白い水干に白の袴、真っ白な祭り装東に着替え準備できました。

朝6時から朝祭りの祭典、少々肌寒い中執り行なわれ神楽殿前に戻ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰路

http://tadotaisya.or.jp/whatsnew/wp-content/uploads/2018/05/img_6329.trim_.mov

20180505 y.hirukawa

須賀

馬乗

20180505 y.hirukawa

坂上

残念ながら坂上げは失敗してしまいました。

20180505 y.hirukawa

乗込

http://tadotaisya.or.jp/whatsnew/wp-content/uploads/2018/05/img_6256.trim_.mov

20180505 y.hirukawa

道中

20180505 y.hirukawa

出発

朝祭

20180505 01 y.hirukawa

5月4日 神児(ちご)もらいの儀式

 

笹ごおりの儀が終ると、肱江の会所には明日5日神児行列に参加する者のお祓いを多度大社からの神職から受け、その後、神児もらいの儀式に移ります。猪飼三郷(力尾、猪飼、北猪飼)では、3年に一度神児もらいの役がまわってくる。今年は力尾です。神児もらいは、肱江に神児の結納を納めにいく役です。神児もらいの役は3名で区長、中老、青年会、新客として丁重に迎えます。儀式は、結婚式の三三九度と同じことがここで行われますが、近年では、毎年同様に「略式で・・・」と挨拶をしてます。

力尾区長さん挨拶、肱江区長さん挨拶

神児さん、神児馬、神児化粧係、神児行列参加者のお祓いです。

”神児もらいの儀式” 肱江区長の毒見の後、三三九度の盃の酒を飲みほすときに「おさかなーここに」と声をだしスルメを高々とつまみあげる。まず神児さん。

力尾区長さん、中老さん、青年会さん

肱江区長さん、御幣さん、

多度大社神職さん、馬方さん

馬方さんの盃が終り、最後に力尾区長さんより挨拶があり、神児もらい儀式が終りました。

その後は宴会”直会(なおらい)”の席となり、午後9時ごろまで行われ、力尾さんが帰る際玄関でハバキ酒を飲みかわし肱江の青年会は、力尾区長さんたちを養老鉄道の踏切までおくります。

 

 

error: Content is protected !!