平成31年 乗馬講習会(実技)

 

早朝は少し雨が降っておりましたが、晴天の中、各地区の区長・副区長様・青年会多数参加の上、実技講習会が行われました。

先日、座学にて学んだリスクマネジメントを実技でどう活かすか学びます。

先ずは馬装の仕方からです。先生より、馬の背中は特に敏感で、和鞍は重量もあり馬も慣れていないので一つ一つ丁寧に着ける事が大切。丁寧に行うことにより人も馬も不安要素を減らすことができ怪我や事故を減らすことが出来るとの事。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、馬装も乗馬も必ず慣れた先輩が見本を見せ、馬を安心させてから改めて慣れていない青年会を指導するようにとの事でした。

下記写真は騎手経験者です。馬も気持ちよく走っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に先生より、「環境・馬装・初心者の指導」が整えば不安要素はかなり軽減されるはずです。また私が話したことをどう捉え、どのように実践するかが大切ですとご講義頂きました。

error: Content is protected !!