悠々

3月末日よりブログを記載してまいりました

6年ぶりに再度ブログ投稿という事で

目新しい事も無いため戸惑いました。

また祭事を取り巻く環境も私達の時代とは

一変しており情勢に適応した運営が

必要なのでは無いか?と感じております。

このブログ投稿も他所では大きな負担と

成りかねません。

来年度は多度区の花馬で祭事が執り行われますが

安全対策以外の運営方法でも取り組みして

頂きたいと切に願います。

回顧録となります。

本年力尾区は青年会に学生のメンバーが多く

非常に活気がある祭事期間となりました。

特に今年初めて青年会に入会した高校生の

メンバーは戸惑いも多かったと思いますが

立派に勤めてくれました。

5日の帰り道に多度神社から力尾区に帰る際

みんなが元気、楽しそうに『伊勢音頭』を

歌って帰って来てくれた事が印象的です。

騎手を務めてくれた

水谷風稀君もお疲れ様でした!

色々思い悩む事が多くあったかと思います。

関係者の方々の協力もあっての事ですが、

悩みも土壁も乗り越える事が出来たのは

これからの生活の糧として欲しいです。

来年は、来年度務める騎手のサポート役と

頑張って頂きたいです。

騎手や青年会の若い子達が

少し凛々しく頼もしく見えた祭事期間中でした。

多度神社の皆様

各御厨の皆様

馬方の皆様

力尾区の皆様

騎手・弓取またそのご家族の皆様

その他関係各所の皆様

祭事期間中、ご理解ご協力頂きまして

ありがとうございました

20180508 y.hirukawa

error: Content is protected !!