5月 2018 archive

悠々

3月末日よりブログを記載してまいりました 6年ぶりに再度ブログ投稿という事で 目新しい事も無いため戸惑いました。 また祭事を取り巻く環境も私達の時代とは 一変しており情勢に適応した運営が 必要なのでは無いか?と感じており …

続きを読む

馬返

騎手は祭事に使用した祭馬を 騎手自身がすべて洗って 馬主さんのほうにお返しします。 4日の1回目で上げ坂成功してくれた この馬も怪我も無く馬主さんのほうへ帰ります。 まだこの馬は若いので再会を期待してお別れです

神児・騎手奉賽祭

5月6日午後2時より、神児・騎手奉賽祭(お礼参り)が行われました。 神児・騎手が、神事を無事ご奉仕出来たことを大神様に報告しお礼を申し上げます。 祭典終了後、宮司より、家族や地区の皆さんに感謝の気持ちを忘れず この経験を …

続きを読む

5月6日 祭り後片付け、お疲れです。

肱江地区は、5月3日に造った須賀の馬場の柵を取り外し、船着社の神興の祭典で台、幕、幟倒し、集会所の馬小屋バラシ、国旗ポールのバラシ、しめ縄の撤収等を朝7時頃から始まり朝9時頃には、終りその後、会所にてご苦労さん会の慰労会 …

続きを読む

5日 須賀の馬場行事

多度大社での行事を終えると、肱江地区の船着社に向かいます。神児、お宝持ち、神興、宮司、桑名市長、ノリコの順に行列をつくりすすみます。 みそぎ池では浄水をくみ、人馬ともに清め、馬には水を与える。 たど橋の上で小山の青木の宮 …

続きを読む

5日神児、猪飼三郷、多度大社に

力尾を出た神児行列は、途中、猪飼、北猪飼と合流して多度大社にむかいます。多度大社の南方から馬場へ入り、楠木の北まで神児が来ると大きな赤傘を大きく左右にふると花馬の力尾の馬が走り出し、猪飼三郷のノリコミが始まります。神児さ …

続きを読む

5日 七度半のお迎え直後に上げ馬がは・・・

午後12時半、神楽殿の前で七度半を行う出発の準備をおこないます。 1時になり、馬場南方から神児行列は入り、七度半のお迎え行事(神を迎える方法)がはじまります。神社側の金幣と上げ馬をする六地区の警護たちが上げ坂と神児行列の …

続きを読む

5日神児をうける花馬【力尾】の宿(会所)目指し

午前8時30分、神児行列は、肱江の会所を出発し肱江川の堤防を伊勢音頭を歌いながら力尾の会所に向かっていきます。途中、小山地区の会所の正面付近2か所で警護役は、手にする笹を高く揚げ出発の合図を2回行います。約1時間ぐらいで …

続きを読む

5月5日 神児行列、さあ出発です。

  神児さん達が、朝祭りを終え集会所に戻ってくる頃には、神児馬準備はほとんど出来ており神児行列に参加する人達も準備をし村の人々も集まって祭りの活気がでてきます。その間、神児さんは、朝食をとり衣装、化粧を整えます …

続きを読む

5月5日 神児、《朝祭りの祭典》へ

  神児は、4日の夜は、青年会と共に会所の精進部屋に宿泊し、翌朝4時半頃多度大社に向かいます。このように朝が早いのは、5日の朝6時から多度大社での《朝祭りの祭典》に参列するためです。朝祭りには、神児、のりこ、ゆ …

続きを読む

error: Content is protected !!