2017年5月6日 archive

御旅所へ

多度大社での行事が終わると、2キロほど東にある肱江の地区の船着社へ向かいます。チゴ、オタカラモチ、神輿、宮司、ノリコの順に長い行列をなしてゆっくり進みます。   神輿は小山地区、猪飼三郷(本年の当番は猪飼地区) …

続きを読む

上げ馬

赤傘が閉じられると、その横をすり抜けるようにしてノリコは坂に挑みます。ハナウマの猪飼は、惜しくも上がれませんでした。次に小山と戸津の2地区がしました。上げ馬が終わると、ノリコと馬18頭は楠周辺に集まりクスノキマワリの儀式 …

続きを読む

七度半のお迎え

午前の行事が終わると肱江の地区は昼食です。その間、上げ馬を行う六地区はバノリを行います。12時30分肱江地区は神楽殿前で出発準備を行います。 1時になると、馬場南方からチゴは馬場内へ入り七度半のお迎え行事がが始まります。 …

続きを読む

お祓いと宮司との杯

楠木のところで馬から降ろされたチゴは青年の肩に乗っかり境内で神職のお祓いを受けます。その後、神楽殿で多度大社宮司から盃をいただきます。 馬祓(ウマバライ) 宮司との盃。

猪飼を出発

猪飼の集会所につくと、ノリコとチゴの三三九度の杯です。 猪飼区長が御神酒を確認の後、ノリコ、チゴの順で三回杯をかわします。 その間、肱江の馬は化粧され、青年によるバノリが行われます。儀式が終わると御神酒をいただきます。1 …

続きを読む

肱江の出発

午前8時30分、肱江のチゴは多度大社に向かって出発します。 朝祭りから帰ったチゴは衣装を整え直し、自治会長とチゴはミズサカズキを交わします。別れの杯。 チゴと共に行列する人々は一同記念撮影をしてから、ヤートコセと伊勢音頭 …

続きを読む

朝祭り

5日朝5時50分、朝祭りと呼ばれる多度大社の大祭が、チゴやノリコさんを迎え、ひんやりとした空気と新緑の木々に囲まれた本殿の前で厳かに執り行われました。 午前5時、アサマツリに参加するため、衣装こしらえ化粧をします。 神楽 …

続きを読む

error: Content is protected !!