5月 2017 archive

最後に

私も四月からブログ担当させて頂き改めて祭りの意味や行事の由来を知ることが出来ました! 上げ馬神事について様々なご意見もありますが、お祭りの神事・伝統は不変です。しかし、馬の取り扱いについてはより良い方向へ可変できるもので …

続きを読む

5月6日 片付け

肱江地区片付けは、3日に作った須賀の馬場の柵を取り外します。3日はカキユイ、6日はカキコワシとよんで早朝より作業は始まります。同時に幟もたおされ片付けます。 9時には概ね作業は終了し、集会所へ集まってマツリカンジョウの報 …

続きを読む

五月六日  山下ろし

今日は各地区で山下ろしと片付けです。 まずは祭馬を馬主さんに返す行事です。 猪飼では騎手を務めた者が三頭丁寧に感謝を込めて全身洗います!野呂啓一郎も頑張ってました。 集会所で馬主さんとの宴会、食事をします! そして祭馬を …

続きを読む

五月五日本祭りパート2

坂上げの結果は猪飼(花馬)✕、力尾✕、多度✕、小山〇、戸津〇、北猪飼✕でした! 坂上げ終了後、楠木を騎手が廻りお神児さんを先頭に三基の神輿、神職、花馬から順番に騎手ら弓取で行列で須賀の馬場にある船着神社に向かいます。 船 …

続きを読む

五月五日  本祭

五日はお神児と猪飼騎手、弓取と三々九度の盃で祭りが始まります! 盃終了後、お神児さんを先頭に猪飼、力尾、北猪飼の順番で大社に向かいます。 お神児さんの廻りには毛槍が有り、神様の領域を表しています。そして傘にも三種類あり、 …

続きを読む

御旅所へ

多度大社での行事が終わると、2キロほど東にある肱江の地区の船着社へ向かいます。チゴ、オタカラモチ、神輿、宮司、ノリコの順に長い行列をなしてゆっくり進みます。   神輿は小山地区、猪飼三郷(本年の当番は猪飼地区) …

続きを読む

上げ馬

赤傘が閉じられると、その横をすり抜けるようにしてノリコは坂に挑みます。ハナウマの猪飼は、惜しくも上がれませんでした。次に小山と戸津の2地区がしました。上げ馬が終わると、ノリコと馬18頭は楠周辺に集まりクスノキマワリの儀式 …

続きを読む

七度半のお迎え

午前の行事が終わると肱江の地区は昼食です。その間、上げ馬を行う六地区はバノリを行います。12時30分肱江地区は神楽殿前で出発準備を行います。 1時になると、馬場南方からチゴは馬場内へ入り七度半のお迎え行事がが始まります。 …

続きを読む

お祓いと宮司との杯

楠木のところで馬から降ろされたチゴは青年の肩に乗っかり境内で神職のお祓いを受けます。その後、神楽殿で多度大社宮司から盃をいただきます。 馬祓(ウマバライ) 宮司との盃。

猪飼を出発

猪飼の集会所につくと、ノリコとチゴの三三九度の杯です。 猪飼区長が御神酒を確認の後、ノリコ、チゴの順で三回杯をかわします。 その間、肱江の馬は化粧され、青年によるバノリが行われます。儀式が終わると御神酒をいただきます。1 …

続きを読む

error: Content is protected !!