Monthly Archive: 5月 2012

5月 12

最後に (力尾区)

4月1日より1ヶ月以上に渡り記載してきました。 乱筆乱文をこの場にてお詫びしたいと思います。   少し振り返りたいと思います。           神籤開き & …

続きを読む »

5月 11

5月6日 祭の後 (力尾区)

本年も多度祭りが終わりました。 5月6日は片付けを行います。 久しぶりの日焼けが痛かったり、年一回着用する 安全靴で足が痛かったりしますが、皆で片付けです。         &nb …

続きを読む »

5月 10

5月5日 本祭 (力尾区)

前回お話したとおり、写真データごとデジカメを紛失した為、 文字を中心にお伝えしたいと思います。   4日の夜に宮籠りという反省会が青年会によって行われています。 宮籠りにはカメラを持っていって入れるものではあり …

続きを読む »

5月 09

5月4日 前日祭 後半 (力尾区)

今回は5月4日(前日祭) 後半をお伝えしたいと思います。 前回、坂爪掛までをお話しました。             力尾区は花馬ですので、早め早めの準備です。 …

続きを読む »

5月 09

上げ馬神事がおわったら?

5月5日は1時ころから七度半のお迎え行事 2時ころから6頭の上げ馬があります。みなさんは、最後の馬を見届けると帰られる方が多いと思います。 このあと、神社石段下の大きな楠のまわりで「楠まわり」の儀式があります。続いて肱江 …

続きを読む »

5月 08

5月4日 前日祭 前半 (力尾区)

今回は5月4日 前日祭 の前半をお伝えしたいと思います。 4日は、陣笠に裃、袴の装束となります。 足元は黒の股引を着用し、白色の ”さらし” を裂いて脚絆を作り 白色の足袋を履いています。 力尾区 …

続きを読む »

5月 08

七度半のお迎え チゴ一番の見せどころ

昼食を終えると七度半のお迎えの儀式です。午後1時から2時までの1時間をかけて、多度大社の大神(おおかみ)をお迎えし、チゴに乗り移っていただき、その後、御殿の中で宮司に見守られて、チゴの姿で上げ馬神事をご覧になられます。 …

続きを読む »

5月 08

チゴの道中

肱江の村を出発したチゴの一行は肱江川を上流に向かって進みます。養老鉄道をわたって、小山の会所が見えるあたりで、合図を送ります。大声で叫ぶケイゴの6人衆。2回行います。これで小山、戸津、多度が神社に向かうことができます。小 …

続きを読む »

5月 08

5日の祭の始まりは肱江から

5日の祭は、肱江のチゴが出発しないと、他の6つの村から騎手は出発できません。また、上げ馬神事もチゴが坂の近くまで進み、多度の大神が乗り遷られないと、坂上げができません。5日の多度祭は、肱江のチゴが重要な役割をします。 行 …

続きを読む »

5月 08

チゴもらいの儀式 4日夕方

やっと肱江地区も多度祭りに参加できる時期がやってきました。 5月4日の夕方、肱江の船着神社あたりで馬場乗りをおこなった騎手たち(小山・力尾・北猪飼・猪飼)は肱江を通って帰ります。その時に、肱江の青年は騎手や青年に笹で水を …

続きを読む »

古い記事へ «