Author's posts

5月6日 祭り後片付け、お疲れです。

肱江地区は、5月3日に造った須賀の馬場の柵を取り外し、船着社の神興の祭典で台、幕、幟倒し、集会所の馬小屋バラシ、国旗ポールのバラシ、しめ縄の撤収等を朝7時頃から始まり朝9時頃には、終りその後、会所にてご苦労さん会の慰労会 …

続きを読む

5日 須賀の馬場行事

多度大社での行事を終えると、肱江地区の船着社に向かいます。神児、お宝持ち、神興、宮司、桑名市長、ノリコの順に行列をつくりすすみます。 みそぎ池では浄水をくみ、人馬ともに清め、馬には水を与える。 たど橋の上で小山の青木の宮 …

続きを読む

5日神児、猪飼三郷、多度大社に

力尾を出た神児行列は、途中、猪飼、北猪飼と合流して多度大社にむかいます。多度大社の南方から馬場へ入り、楠木の北まで神児が来ると大きな赤傘を大きく左右にふると花馬の力尾の馬が走り出し、猪飼三郷のノリコミが始まります。神児さ …

続きを読む

5日 七度半のお迎え直後に上げ馬がは・・・

午後12時半、神楽殿の前で七度半を行う出発の準備をおこないます。 1時になり、馬場南方から神児行列は入り、七度半のお迎え行事(神を迎える方法)がはじまります。神社側の金幣と上げ馬をする六地区の警護たちが上げ坂と神児行列の …

続きを読む

5日神児をうける花馬【力尾】の宿(会所)目指し

午前8時30分、神児行列は、肱江の会所を出発し肱江川の堤防を伊勢音頭を歌いながら力尾の会所に向かっていきます。途中、小山地区の会所の正面付近2か所で警護役は、手にする笹を高く揚げ出発の合図を2回行います。約1時間ぐらいで …

続きを読む

5月5日 神児行列、さあ出発です。

  神児さん達が、朝祭りを終え集会所に戻ってくる頃には、神児馬準備はほとんど出来ており神児行列に参加する人達も準備をし村の人々も集まって祭りの活気がでてきます。その間、神児さんは、朝食をとり衣装、化粧を整えます …

続きを読む

5月5日 神児、《朝祭りの祭典》へ

  神児は、4日の夜は、青年会と共に会所の精進部屋に宿泊し、翌朝4時半頃多度大社に向かいます。このように朝が早いのは、5日の朝6時から多度大社での《朝祭りの祭典》に参列するためです。朝祭りには、神児、のりこ、ゆ …

続きを読む

5月4日 神児(ちご)もらいの儀式

  笹ごおりの儀が終ると、肱江の会所には明日5日神児行列に参加する者のお祓いを多度大社からの神職から受け、その後、神児もらいの儀式に移ります。猪飼三郷(力尾、猪飼、北猪飼)では、3年に一度神児もらいの役がまわっ …

続きを読む

5月4日 肱江地区では笹ごおりの儀

須賀の馬場の行事を終えた、小山、力尾、猪飼、北猪飼の4地区は、肱江を通り各地区に帰ります。肱江の入り口(十字の日の丸旗)を通過するとき肱江の青年会がバケツに用意した塩水を青笹で4地区の祭馬、ノリコ、青年会にふりかけて清め …

続きを読む

5月4日 神児(ちご)もらいの儀式までに

5月4日、肱江の村祭りは、夕方から行われます。多度大社では、午後2時頃から上げ馬神事が行われますが、肱江地区は、上げ馬を行いませんが、午後3時頃から肱江集会所では、青年会はチマキ造り、これは5月5日船着社での”神興の祭典 …

続きを読む

error: Content is protected !!